忍者ブログ

MonstreCarameliser

モンスターキャラメリゼ活動ブログ

entry_top_w.png
こんにちは。卵ネタ大好き柳です。
ツイッターで呟くには少々内容が偏っているので、ちょっとブログで語ってみようと思います。

卵ネタのなにがいいのかと聞かれたらうまく答えられないのですが、なんでしょうね。
たまんないです。

現代モノで、卵入れられて出すだけでも萌えますし、ファンタジーで産み付けられるのも萌えます。
現代モノの場合、本来入れるべきものではないものを入れられるという屈辱とか羞恥心とか、そういうものに耐える受がかわいいんだと思います。
あと、産卵疑似体験?
でもって、そんな受を見てうっとりする変態な攻も好きです。
けれど、自分でやっておきながら「産卵とか、ねーわ」ってバカ笑いする攻めも好きです。
S攻めイイですね。

ファンタジーの場合、現代モノにプラスして孕まされるかもっていう恐怖心もあるわけで、これもまた素敵なエッセンスですね。
現代人が、卵持ちの人外に産み付けられるのももちろん好みです。


さておき、産卵ネタは理解出来ない、という意見も目にするんですよね。
それでも、少なからず卵好きな方もいるようで嬉しいです。

先日、卵好きというか卵大丈夫な友人とお話しした際に、「どれくらいの大きさの卵?」という質問をいただきました。
そういえば、別の方に「どういう形状の卵?」って聞かれたこともありますね。

卵好きさんは、卵の大きさや形、数や形状も気にしてくださるようです。



例えばゆで卵を突っ込んで出すとかは、みなさんさほど抵抗無いと思うんですよ。
ちょっとした異物混入。
まあ生卵でもいいんですけど。
割れにくいし。

実際には見たことないのですが、海がめの卵とか、まんまるでかわいいですね。
鶏卵より小さくて、鶉より大きい……と思ってるんですけど。
ちょうどいいくらいじゃないですか。
ピンポン玉くらい?
もうピンポン玉でいいじゃない、と言われたらそれまでなんですけど。
やっぱり卵の魅力は、入れるところでなく出すところにあると思うんですよね。
人でありながら、男でありながら、卵出しちゃうってところ。

でも産み付ける場合は、入れるところにもとても魅力を感じます。
奥まで突っ込んだ状態で出されるとか、恐怖でわめく受けがかわいいと思うのです。


話戻りますが、卵の形状について。
「ぶよぶよなのがいい」と言われ、それまでなんとなく硬い卵ばかりをイメージしていた私としては、目からウロコというかなんというか。

蛙の卵とかそういうのですね。
あの手の卵は、見ていて気持ちのいいものではありません。
しかし、だからこそより受けに与える屈辱や恐怖は大きくなるような気がして、たまりません。

なんだろう。
怖い物見たさみたいな欲求も自分にはあるので、そういう気持ち悪い卵が出てきたら「ひぃっ」って思う反面すごく楽しい。
なにが楽しいかって、そのときの受の状況と攻の状況ですね。
恐怖と羞恥と屈辱にまみれた受が泣きながら出した卵を見て、まあ罵ってもいいんですが、「かわいいよ」とかわけのわからんことを言い出す攻とかたまらんです。


……まあそんな感じで。
需要を考えて苦手ながら卵を扱うというわけではもちろんないので、卵好きさんは、イベント会場などで私を見かけた際、お気軽に卵について語ってくださいね。
PR
entry_bottom_w.png
この記事にコメントする
お名前 
タイトル 
メールアドレス 
URL 
コメント 
パスワード 
plugin_top_w.png
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
ブログ内検索
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
フリーエリア
plugin_bottom_w.png
Copyright MonstreCarameliser by 柳 All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]